忍者に結婚は難しい 5話 感想|最後の晩餐!…はまた来週。

 

 

やっとですね。やっと「忍者に一般人(嘘)との結婚は難しい」状態から抜け出しました。

相手に探りを入れて情報を入手したり、秘密がバレて関係性が変わってしまったりと

かなりベタな展開が続くんですけど、私としてはそれが良くて、

忍者を扱う作品において「ずっと見たかったもの」だったんです。

 

まぁ、次回予告で言っていた「最後の晩餐」は来週に引っ張られて、

お預けを食らってしまった気分は覚えましたし。

肝心のお互いが忍者だとバレるきっかけにしても、

悟郎(鈴木伸之)…いくら何でも爪が甘過ぎない??とか、

蛍(菜々緒)の件は、監視カメラの場所を事前に調べて、とことん身を潜めるのに徹するのが

忍者ってもんなんじゃなかろうか…とか、そんな迂闊さから来ていて、

ドキドキ感よりかは「いや、逆によく今まで気づかなかったな」という

ツッコミの方が勝ちましたが(笑)

(そして、結婚してからの新居なのに、

どうやって隠し部屋を作れたのかも地味に気になってしまったり…w)

まぁ、ちょうど折り返し地点で、今回を放送するには妥当なタイミングで。

今後は盛り上がりそう…と感じさせてもらえた内容になっていたのには間違いありません。

 

ライバル同士では収まりきらない"因縁"を盛り込んできたのは意外で、

描写の仕方によっては復讐劇っぽさが増して、ただでさえコメディ演出が弾けていないのに

よりシリアスな雰囲気が強まってしまわないか?

という不安はないと言ったら嘘になるんですが。

とりあえずは、アクションをガッツリ見られるらしい次回に期待したいと思います。

 

「最後の晩餐」は…どうせなら、「僕のヤバい妻」のカルパッチョくらい

じわじわ面白いものであって欲しいですね(笑)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ