霊媒探偵・城塚翡翠 2話 雑感|既にワンパターン化しつつあるような?

 

 

うーん…降霊展開をなくして一応変化をつけているとは言え、

事件が起きる→翡翠(清原果耶)の能力に頼る→

その結果に従って香月(瀬戸康史)が手がかりを探す

という単調な構図になっている感じは否めないんですよねぇ。

それだったらいっそ、翡翠が誰かを指さして

「犯人はこの人です…」という流れに振り切った方が、

彼女を頼るのにもまだ納得出来るような気がしています。

 

そうでなければ、翡翠が既に気づいていても、香月に全ては教えず、

彼の論理的な推理で事件を解決へと導けるように、さり気なく助言する…とか。

あるいは、超能力を使い過ぎたために、力尽きて途中から使えなくなってしまった

彼女の代わりに、後半は香月のターンにして彼の活躍を見せる…とか。

原作があるのは知っているんですが、

各々の得意分野を活かして謎解きしていく"コンビモノ"じゃなくて、

やっぱり"主人公ありき"で話が進んでいるように見えるから気になるんです。

 

2話にして、もうワンパターン化しつつありますね…。

事件パートにイマイチ面白味が感じられないなら、

主人公の縦軸で興味が持てれば良かったんですが、今の所そんな匂わせもなく(汗)

という事で、前回の感想でも書いた通り、今後は視聴のみとなりそうです。

 

こんな少ない文字数なら記事にせずに、追記として書き足せよ!とツッコまれそうですが、

シェアしたい気持ちがあったので…。とりあえずの備忘録でした。

 

↓前回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ