親愛なる僕へ殺意をこめて 4話 感想|真相は一旦お預け

 

 

あの児童施設でのシーン…

施設の関係者でもない初対面の相手に

よく京花(門脇麦)の個人情報ベラベラ話せるな〜…

エイジ(山田涼介)じゃなかったら悪用される可能性だってあるのに…w

と思いながら見ていましたが、それは良いとして。

 

前回から、回想を挟んで時間軸を行ったり来たりして魅せる方向ではなく、

現在進行形で物語を魅せる方向へと転換したお陰で、

やっぱり難解さがなくなりつつありますね。

いや、もっと具体的に書くなら、回想は今回もちょいちょいある事にはあるんですが、

あくまでも視聴者に"引っかかり"を覚えさせ、

今後の展開に興味を持たせる程度のものに落ち着いているため、悪目立ちしていないんです。

まぁその代わり…謎が膨らんでいくだけで、一切進展はしていませんでしたけどね(笑)

 

でも、私としては、今回の内容が引き延ばしだとは全く思いません。

むしろ、次回が俄然楽しみになりました。

大から小まで何か真相が明らかになっては、一歩ずつ前進していく様子を描いた

本作の今までの作風から考えると…

登場人物各々の背景を広げていって、衝撃的な要素も加えて、

真相解明へと一歩近づきそうなタイミングで

「さあ、誰が2つの事件にどう関わっているでしょう?」と

こちら側に投げかけて終わるやり方に、意外性を感じたからなのかもしれません。

 

あとはそのばら撒いた謎を、ややこしく感じさせないように

どうやって回収していくか…で決まってくるでしょうね。

次回予告で「ついに葉子を殺した犯人が明らかに」といった旨のテロップが

出されていましたが、ただの"煽り"で終わらない事を願います。

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ