霊媒探偵・城塚翡翠 1話 感想|これは演技力が問われるやつだわ〜

 

 

凄いねぇ。これは確かに、演技力の高い女優さんじゃないと成立しない作品ですわ…。

清原果耶さんについては、透明感のある方だと前々から思っていて、

ここ最近はその良さが、暗くジメジメっとしたキャラクターの方に作用していて

勿体ないなぁ…と感じていましたが、

本作では様々な人物を"降霊"させる事で、いろんな演技を楽しめそうです。

そのうち、男性の霊に憑依される回も来るんでしょうかね?

だとしたら、一番の山場となるあのシーンは、見応えがありそうな気もしています。

 

ただ、心配なのは、"霊媒師ありき"の作品になってしまわないかどうか…ですね。

本作は、霊媒師が主人公である事、霊媒師とタッグを組む事以外は、

謎解き要素や話の流れはベタだと思います。

“考察タイム"とも言われる、

刑事が手がかりを見つけたり、犯人を特定したりするまでの過程を

全て霊媒師が担ってしまっているので、

ミステリー作品ではタブーではあるんですよねぇ。

 

そこで…ご都合主義に見えないためにも、原作があるにしても、

翡翠(清原果耶)の降霊設定に"制限"を設けた方が良いんじゃないかと。

例えば、時間制限があるとか。憑依する度、何か記憶を1つ失うとか。

寿命が縮まるでもOKですよね。

じゃないと、彼女がいれば何でもアリな話になってしまって、

面白味が損なわれてしまうかもしれません。

 

「美食探偵 明智五郎」の演出を手掛けられた

菅原伸太郎さんの担当回だからか、ミステリアスな雰囲気にオカルト要素を加えた

世界観づくりがしっかりなされていて、掴みは概ね良かったと思います。

あとは、主人公の描き方次第。

日曜日は前時間の「アトムの童」の感想を書き続ける事は決まりそうですが、

本作は1、2話くらい様子見してみるつもりです。

次回の感想がなかったら、視聴のみに切り替えたって事で…。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ