ユニコーンに乗って 1話 感想|今後次第ではあるけど期待薄…

 

 

うーーーん…………極めて普通。普通としか言いようがありません。

水を入れ過ぎて味が薄くなって、

麺も伸びきったラーメンみたいな仕上がり…と言った方が良いんですかね。←例えが分かりづらくてすみません^^;

 

今回でとりあえず分かったのは、須崎(杉野遥亮)が佐奈(永野芽郁)に

ビジネスパートナー以上の好意を寄せているという事と、

不幸な生い立ちを送ってきた佐奈を2人の男性が気にかけるようになる

三角関係を軸にした物語になりそうだという事…の2点のみ。

「なりそうだ」なので、初回は恋愛要素よりも

あくまでも仕事パートをメインに描いてきた内容にはなっていたんですが、

その割には、主人公の仕事観にしても、会社の仕事内容にしても

全貌がイマイチ見えてこないのが気になりました。

 

会社を立ち上げ、一度は軌道に乗るまでに経験した苦悩は?

(社員は結局何人いるのか、他の面々はインターン生なのかは不明ですが)

数名の社員たちと信頼関係を保ち続ける佐奈の魅力は何なのか?

具体的には何の仕事をしているのか?

そして、今どれほどお金に困っているのか?

これらの事が佐奈自身の描写や登場人物とのやり取りを通して表現されていたら、

ベタなお仕事ドラマだとしても

彼女を応援してみようという気持ちになるのかもしれませんが…

劇中でも触れていたように、主人公にまつわる説明は

「人一倍悔しい思いをしてきた人が起業して夢を叶える」

「『全ての人が平等に学べる場所を作りたい』にこだわる社長」

に終始していたのが、彼女の"芯"が曖昧に感じられた原因なのかもしれません。

 

周りの登場人物にしても、個性が薄くて物足りないんですよね。

いや、むしろ…佐奈も含めて、ちょっとイラっとさせられます(苦笑)

タイムなんか掛けて本人の前で分かりやすく陰口を叩いたり、露骨に嫌な顔したり、

アポなしで2度も会社に訪問してプレゼンしたり(それって抜け駆けだよね…)、

小鳥(西島秀俊)が急遽入社した際には「えっなんで」って言っちゃったり。

劇中でも言われていた「おままごと」「学生気分」そのまんま過ぎて、

いくら学生繋がりで集まったスタートアップ企業にしても現実味がないと言うか…(汗)

10億円を稼ぐって事は、結構な場数を踏んでいて、

よほどクライアントから頼りにされているような仕事ぶりをしているとも考えられるのに、

こんなにあまちゃんな社会人がいるのかな?と疑問を持ちながら見ておりました。

 

本作がお仕事ドラマ一本で行くんだったら、最初はダメダメな社員たちが

他会社との関わりを通して、歳の離れた小鳥から大人の常識や知識を得るなどして

徐々に成長していく過程が重点的に描かれるのかもしれませんが、

恋愛要素も今後取り入れていくので、そこはあんまり期待出来そうにないのかなぁと。

羽田(広末涼子)がビシバシ鍛えてくれる方向だったら良いんですが…

次回予告では何やらうっとりした(?)表情をしていた辺り、

彼女も参戦して四角関係に発達する可能性もありますし。

この枠の傾向を踏まえると、そのうち仕事パートは中途半端になって

胸キュン!当て馬!押しの恋愛ドラマの作りになりそうな予感がしています。

 

なんせ、他局ですが がその末路を辿ったのでね…(汗)

初回から共通点も多くあって、同じ匂いがプンプンするんですよ。

来週は裏でも新ドラマが始まるので、恐らくそちらを視聴するとして…

本作を落馬(=リタイア)するかどうかは、一応3話くらいまで見て判断するつもりです。

 

うーんでも…今の所、火曜日どちらも期待薄っていうのが本音ですね。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ