マイファミリー 7話 感想|香菜子が白か黒か…って話。

 

 

今回の内容はまぁ…上のサブタイトルの通りです。

鈴間(藤間爽子)に意味ありげに関与していた香菜子(高橋メアリージュン)が

果たして真犯人なのかどうか?を、1話分の9割を使って描いてきた感じ。

なので…最後に(多くの視聴者の予想通りではあるけど)1つ大きな謎が明かされた以外は、

前回よりも進みが遅く感じてしまいました…(汗)

大体、翌日10時から交渉があるっていうのに、

朝の時間帯でも温人(二宮和也)たちが外で動いているシーンが続いて、

あれ?まだ交渉始まってないよね?と思うくらいには

時間の進みがゆったりな部分もありましたからね。

 

今回でようやく真犯人は分かりましたが、

あくまでも「友果からの3件の誘拐事件が」ってだけで

まだ「心春を誘拐した犯人は?」が残されているらしい。

分かってはいたけど、まだ"そのくだり"をやるのか…と。

個人的には真犯人がどうのこうのよりも、温人をあそこまでして一方的に恨む動機や

複数の誘拐事件を起こした(あえて似通った展開を続けた)理由の方が知りたいので、

最後の最後で衝撃の展開を見せては、

極端に言えば「これからどうなるかは考察しながら、次回まで楽しみに待っててね!」って

丸投げしてくるかのようなスタイルで

最終回まで謎解きで引っ張って欲しくないな〜っていうのが正直な気持ちなんです。

 

ここまでは基本的に、誘拐事件の一部始終と、

それに翻弄され怯える登場人物の様子がずっと描かれ続けていて、

登場人物の数こそ多けれど、犯人の特定に繋がる"手がかり"みたいなものは

ほとんど描かれていないんですよね。

本作だけにとどまらず、近年この手の手法を使った作品が多く見受けられるのは、

やっぱり「多くの意見を気軽に知れて」「自分の考えを発信しやすい」

SNSの存在があるからだと思っていて。

ドラマタグだけでなく、役名や役者名もトレンド入りしてしまえば

話題作りにもなって、さらに地上波でも夕方の時間帯などで事前番組も作れて

視聴者とスタッフ双方で活気づく。

だから、引っ張って引っ張りまくるし、煽って煽りまくる…んでしょう。

 

真犯人探しで引っ張るのもそうですが、もう美咲の誘拐事件もスッパリ解決させて

次のフェーズに移って欲しいです。

不穏な着信音、誘拐犯との緊迫感続くやり取り、指示に従うくだり、人一倍不安になる奥さん。

これ、何度も見せられてきているんで飽きがね…(汗)

三輪(賀来賢人)の娘の誘拐事件が勃発して、東堂(濱田岳)にも共通していたと

判明した時は「そう来たか!」という驚きはありましたが…

流石に4度目はいらなかったんじゃないでしょうか。ちょっと風呂敷を広げ過ぎのような?

 

まぁ、4度目の誘拐事件を起こした意味が分かる

納得出来る展開が今後来ればまた捉え方も変わってきそうですが、

今の所は話題作りのためにやっている印象の方が強くて。

意図が含まれている可能性は低そうです…。

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

 

↓前回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ