親愛なる僕へ殺意をこめて 2話 感想|漫画をそのまま映像化してる感が…

 

 

うーん…なんであそこまで回りくどくする必要があるんでしょう?

前回はグロテスクな描写が多々見受けられたので、それで誤魔化しが効いたものの、

今回は大人しい内容に落ち着いた分、情報の見せ方の難解さが目立っていたような気がします。

 

とにかく、「一方、その頃エイジは…」「一方、その頃サイは…」って感じで、

場面転換が多過ぎるんですよね。

場面が切り替わるごとに、当然主語も変わるから、情報を吸収するのに必死になり、

結果的に"考察"をさせる余裕をなくしてしまっています。

(あくまでも考察が苦手な私は…ですが。)

それに加えて、回想の挿入頻度も高いです。

挿入頻度が高いならまだしも、ガスバーナーのくだりや、

ナミ(川栄李奈)と葉子(浅川梨奈)の信頼関係を表すエピソードなど、

台詞で説明するか、回想を通して説明するかのどっちかで済みそうなものを

台詞と回想両方で説明してくるので、

話が進展していないのも相まって、分かりづらさを生んでいるんじゃないかと思います。

 

原作は未読なので、想像で書いてしまいますが…

これ、恐らく、漫画の展開をそのまま映像化している(しがちな)可能性がありますよね。

漫画だったら、もう一回あそこを確認したい!ってなったら、

何ページも飛ばして、違う場合はペラペラとめくって

チラッと見えた絵で特定して…と、手軽に前後を行き来しやすいのが特徴なんですが。

録画や無料配信での見返しだと、10秒ボタンや巻き戻しボタンを押して、

それで違ったらまた押して…を何度もやるので、面倒臭く感じてしまいます。

だからこそ、登場人物の動きをあちこちで描く方式を

もう少し控えめにして欲しいです。

 

そして…この手の作品を見ていて改めて思うのは、もしかしたら"考察"モノって

連続ドラマ向きではないのかもしれないなぁ…と。

それで2クールもやったドラマもあるのに何ですが(苦笑)

でも、昨今の作品を見ての印象だと、

「犯人は誰で、動機は何か?」というシンプルな内容を、

登場人物を増やしたり、回想を入れたり、別のトラブルを引き起こさせたりして

最後まで引っ張っているのがほとんどですから。

2時間SP、せめて二夜連続SPなら、何を山場にするかも整理しやすいし、

「スピーディな展開」「二転三転の連続」で惹きつけて

あっという間に見終える長所に変わるんだけどなぁ…と、毎回勿体なく感じるんですよね。

 

次回で「サイ編」が完結との事ですが、どうしましょうかねぇ。

もう一話見てから、感想を書き続けるか、視聴のみにするか決めようかと思います。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

 

 

↓前回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ