ザ・トラベルナース 3話 感想|歩、本当にやり手だったんか?

 

 

歩(岡田将生)の外出先で人が急変した所を緊急処置する…

このドラマの病院には、仕事を舐めている医者が赴任してくる…

といった"定型"を外してきた今回。

おまけに、向坂(恒松祐里)の

ドジっ子(では済まない事やってるけど…)新人成長記が追加されたのもあって、

今までとは違う雰囲気に仕上がっていました。

 

向坂の他にも、患者・三雲(村杉蝉之介)が厄介者な上に、

ダメダメ男なのが滲み出ている彼氏(山口のりとも)や、

向坂を密かに想うもう1人の患者・礼(荒木飛羽)と、描くべき人物がとにかく多い。

そのため、当然ですが、複数のエピソードを同時進行させなければならなくなります。

今回が60分の「拡大スペシャル」である事が起因しているのか…この欲張り具合のお陰で、

正直、途中まで話の進みが遅くて、もしかして来週に続く?と思えてしまったのも事実です。

 

まぁでも、最後は静(中井貴一)の安定のクレバーっぷりで、

「ここを見せつけてやりたい!」と期待していた部分もきちんと回収して

三雲を成敗してくれたので、結果オーライって所でしょうか。

いっその事、実際にスカートを履いて出勤するくらいしてやった方が、

良い意味で"フィクションらしさ"が出てきて、コミカルさが増したとは思いますが。

…あそこで倒れて匂う量なら、検査したら間違いなく引っかかるだろうとか、

本来だったら医療過誤で裁判が長引きそうだとか、

いろいろツッコミどころもあるんですが(笑)

最後が楽しければ、それで良いや〜って事で…。

 

というか、それよりも気になったのは、歩の描写について…なんですよねぇ。

彼がストレートに物を言う性格なのは理解しているし、

三雲があまりにもセクハラおじさんだったので、怒りたくなるのも分かるんですけど、

にしても…今回はキャラ付けが過剰気味じゃなかったですか?

主語をつけると必ず「日本のナースは〜」から始まったり、彼の発言にいちいち反応したり。

常にイラっとしていたからか、初々しいを通り越してちょっと面倒臭かったなぁとw

脚本家が違うのかと思いましたが、別にそうでもなかったですしね。

 

で…もう1つ思うのは、あの感じだと、アメリカでも本当に

シゴデキ(=仕事の出来る男)だったのか?って事。

腕前が良いのも大事ですけど、医療業界にいる以上は

チームワークの構築も欠かせないでしょうから。

アメリカならイエスノーもはっきりしやすい訳で、その世界で感情をぶつけていたら

すぐさま揉め事に繋がりそうなんですけど…違うのかな(苦笑)

クビになったのを、日本の病院に要請されたという体でオブラートに包んだとか?

だからトラブ トラベルナースなんですかねぇ。

 

とにかく、次回はまた通常放送に戻るようなので、そちらに期待ですね。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

 

 

 

 

 

PS.後で消すかもしれませんが…木曜日はやっぱり本作の感想を先に書いて、

「silent」の方は休日に回す方向で行こうかと考えています。

そっちの方が、どう書くか考える時間も、

感想にかける時間もじっくり充てられそうなので。

その代わり、早く上げられるように努めます!!(いつも遅くてすみません…^^;)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ