しもべえ 4話 感想|脚本家も演出家も変わったからなのか…

 

f:id:rincoro_ht:20220107232453p:plain

 

へぇ…そんな展開になるんだなぁ…と。

 

前回のラストで匂わせていたしもべえ(安田顕)の正体については、一気に進めてきた。

というか、もう“父親の魂が乗り移った"でほぼ確みたいなもんでしょうね。

その代わりに、今まで何となくふわふわと謎を漂わせていた

辰馬(金子大地)の実態を絡ませた事で、

本作のベースであった"キセキ"で繋がる、笑いあり友情ありの青春ドラマの作りに

ピリオドを打とうとしている感じの内容に。

 

これはこれで、辰馬がどんな人で、どんな背景を抱えているのか興味が湧いたし、

「そう来るんだ!?」という先が気になるワクワク感は生まれたけれども…

個人的には、このミステリー要素が強まった脚本と、

(今までの回も老若男女親しみやすい話にはなっていたけど)

Eテレ風味というのか…パペット劇場(?)などの視覚的な楽しさを助長した、

ある意味 低年齢層の子供でもとっつきやすいチープな演出が

噛み合っていないような気がしたかなぁ…。

後で調べてみたら、やっぱり今回は脚本家演出家どちらも初担当の方だったそうで。

どちらかでも交代していなかったら、まだ異質な感じは受けなかったのかもしれません。

あとは、毎回の見所だと思っている、アクションを通しての"しもべえの活躍"が、

アクションよりも"頼もしいヒーロー"の方向に寄った小出し程度になり、

せっかくのアナコンダ捕獲のシーンも

さらっと終わってしまった所にも物足りなさもありました。

 

ただ、次回の放送が2/25と、1ヶ月も空いてしまう事を考えれば、

ミステリー要素が強まった脚本に関しては、視聴者を引き離さないようにしようとして

あえてあの作戦に出たとは想像はつきますね。

実際、元々あった視聴意欲がさらに湧きましたし(笑)

 

いや〜それにしても…長い!長過ぎる!!! w

開会式もあるし、NHKだから仕方ないかなぁ。←オリンピック中継を多く放送するイメージ

首を長〜くしながら、次回を待っております。

 

↓前回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ