半沢直樹(2020) 6話 感想|紀本さんも怪しいが女将が一番怪しい。

 

f:id:rincoro_ht:20200719222536p:plain

 

曽根崎(佃典彦)の、半沢(堺雅人)を見る時のにかーっとなった顔芸がさ…

前編の諸田(池田成志)みたいで笑っちゃいましたよw

「俺、実は企んでるんだぜ〜」なんてドヤ顔キメてるつもりなんでしょうか。

でも最後はあっさり土下座。

思ったよりも小物でしたな(笑)

 

あんな嘘をついてしまったら半沢がピンチになるだけじゃなくて、

会社全体の信用問題にも関わって来る訳で、

本作、そんな人が多過ぎ案件ですよね…なんて思って見てましたけど、

今回に限っては流石に社内の処分では収まりきらなかったようで。

 

スリードで誘導するにしてはちょっと演出が弱い気がするんですが、

黒幕は大和田(香川照之)ではないでしょう。

前回の道場でのシーンで「半沢が結果残せば、大和田の手柄になる」

みたいな事を言っていた紀本(段田安則)だと予想してます。

でも、それ以上に怪しいのは女将(井川遥)。

そもそも大勢の客がいる中で、しかも実名を出しながら

仕事の話題を出すんじゃない!って話なんですけど、

明らかに動揺していましたしねぇ。

「名前」に反応って事は…いずれ近いうちにキーパーソンになるはずなんですね。

 

今回は内容に関しても、今後の逆転劇に向けての準備回といった印象で、

ラストの頭取室でのやり取りも演出家が変わったのか

「勧善懲悪」の見せ方も今までとは盛り上がりに欠ける感じだったかな?

しかし、「ファイトまん!まん!」の「まん!」から

興奮が収まらない様子が伝わる黒崎(片岡愛之助)の言い方とか、

OP映像前の半沢の笑い堪えてそうな顔とか、

前半パートが楽しかったからそれで良いかなぁとも思います(笑)

 

 

 

 

↓前回の感想はこちら↓