未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2 2話 感想|やっぱり期待を裏切らない野間口さん!

 

f:id:rincoro_ht:20200806233110p:plain

 

文字の神様が降りてこない鳴海(鈴木京香)。

いつもは積極的に行動に移す矢代(波瑠)が今回は鳴海を遠隔操作で指示する立場に回る。

(「よく頑張りましたね」って部下が褒めているのにはじわじわ来たけどw)

ちょっとイレギュラーな回。

こういった話は話数を重ねてからやるものだというイメージがあったので、

2話の時点でやってしまうとは意外でしたね。

 

しかし、逆パターンにしたためか、序盤で動き回る矢代、

前回と同じ分量の古賀(沢村一樹)vs桑部(山内圭哉)の捜査会議のシーンに加えて、

今までピンポイントに出番があった鳴海を前面に出す事など

描くべき内容が増えてしまい、残りの6係のメンバーが出番がなくても特に支障のないような

存在感の薄いキャラクターに仕上がってしまった気がしました。

うーん、登場人物が多過ぎるからなんでしょうかね?

草加遠藤憲一)なんて、恋…?と動揺させるだけで

申し訳程度に尺をもらっている感じでしたし(苦笑)

せめて、捜査会議のくだりをもう少しカットしていれば

10年前の事件描写にも深みが増したんじゃないかと思います。

あんなに可愛らしい野間口徹さんも珍しいしさ(最後は安定のサイコパス役だったけど)。

奥さんに対してどれだけ歪んだ愛情を抱えていたかとか、

男尊女卑する教授に対して徐々に募っていく憎しみだとか…

もっと旦那さんの内面を知りたかったかな。

 

事件捜査自体に関しては…

前回より「文書捜査」が主役の内容になっていたし、

話の半分以上は妄想で残り30分くらいは事件解明シーンをやるという

グダり構成でもなくなりましたが、

確かな証拠を得ないまま また"妄想"だけで取り調べしようとするのは、

刑事ドラマとしてはタブーなんじゃないか?と思うのでした(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓