竜の道 二つの顔の復讐者 5話 感想|もう復讐しなくても済みそうじゃない?

 

f:id:rincoro_ht:20200728233631p:plain

 

源平(遠藤憲一)を落とす段階に入る者、双子の情報を握る者が現れてきた…って所ですね。

「俺とお前は、二人で一つだろ?」竜二(高橋一生)が言ったこの言葉で

改めて復讐計画をやり遂げると誓い合ったラストを見る限りは、

ここ辺りで一区切りになりそう。(バディもの漫画みたいな台詞で笑っちゃったけどw)

対比という意味では、初回の美沙(松本穂香)を巡って仲間割れしているシーンと重なります。

今後は兄妹愛も破滅の道へと向かうのか…と思っていたけれど、

それでもある事をきっかけにプツンと途切れる日が来るのか…一体何が原因となるのか…。

ちょっと先の読めない面白さはありました。

 

一方で、竜二の過去に興味を持ち始めるまゆみ(松本まりか)に、

真相が全て掴めそうでまだまだ掴めなさそうな感じの美沙に、

心臓疾患を患ってそうな芙有子(斉藤由貴)や沖(落合モトキ)、晃(細田善彦)など

登場人物&描くべき要素が多く、複雑に絡み合っているので、

残り3話で何とか"それらしく"まとまるのか心配になってきたりもしています。

 

次回予告だと、源平は愛しているだろう奥さんを亡くしてしまう流れになる様子。

息子に会社=居場所を奪われ、娘もそのうち去って行きそうで、

後は自然と家族崩壊するかもしれないので…

もう復讐計画にピリオドを打っても良いんじゃない?とは思います(笑)

二人とも顔を変えて、東京を出て行って、その前に沖を証拠隠滅のために

親分の力を借りて消してもらって…うん、これで良し!

砂川(今野浩喜)の詰めの甘さがどんどん出ちゃってますしねぇ。

やられたらやり返すじゃなくて…やられる前にやり返す作戦に変更しましょう。

 

 

 

 

↓前回の感想はこちら↓