ハケンの品格(2020) 8話(最終回) 感想|もう続編は無理だと思う。

 

f:id:rincoro_ht:20200617230446p:plain

 

雑だったなぁ。

いや、コロナの影響で、本来予定していた10話を8話に減らしたり、

脚本を書き変えなければならなかったりで大変だったんだろうとは察しますよ?

でもこれは…雑過ぎでしょ(笑)

なぜアジフライに固執するのかも分からなければ、恋愛ターンも投げっぱなし。

前回まで一応重点的に描かれていたリストラ問題もそっちのけにして

AIと囲碁対決とアジフライでこねくり回すくらいだったら、

普通に「大前(篠原涼子)がクビ!?」というエピソードに絞った話にすれば良かったのにさ。

演歌で締められて「働く事は、生きる事だ」なんて迷言を聞かされてもなぁ…

脚本家が途中で仕事を投げ出したのかと困惑するレベル…。

 

さて、ざっくり総括に入るとして(もう?w)…

13年後の続編。

「時代に合わせる」って凄く大切な事だと身にしみて感じる作品でした。

多くの視聴者が期待したでしょうが、いざ蓋を開けてみれば

内容や展開は初代のコピー版。

ホチキス対決が囲碁対決に変わっただけ。

仕事サボって後ろでうじゃうじゃと突っ立っている社員達の描写は一緒。

ハケンを色眼鏡で見て差別する上層部。いつも頼られてばかりの大前さん…。

当時と全く変わらないこれらの要素だけでも時代遅れ感を漂わせていたのに、

更にコロナ禍が重なっちゃって、色々と気の毒でしたね。

 

社長だけがクビになって元々仕事の出来ない社員だけが生き残ったラストを見る限りは

また同じ事を繰り返していくって訳で、今回の評判も考えると

もう続編は作らない方が賢明かと思われます。

人気作は人気作のままで終わらせたら良かったのに。勿体ないなぁ。

いっその事、倒産危機の状態にあるS&Fを、大前が筆頭に

チーム全体で面白おかしく立て直していくサクセスストーリーにしてみた方が

ウケたのかもしれません。

 

次回作のタイトルを借りるとするならば、

最終回はどうかしていた

って事で。ほな、さいなら!

ああ、本当に東海林(大泉洋)とのやり取りを見るためだけに

見続けたドラマになってしまった…(遠い目)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

 

 

↓今までの感想はこちら↓