罠の戦争 3話 感想|ワッシッヅ!が聞けなくなると思うと寂しいw

 

 

前期は演出で魅せる作品が多かった一方で、

今期は演技で魅せる作品が多いような気がしております。

 

特に、本田博太郎さん演じる犬飼がね…ぎゃふんと言わせたくなるのも頷ける、

本っ当に憎いキャラなんですよ(笑)

某刑事ドラマの笹川部長に似ているとの声も聞きますが、

それだけ、一度演技をお見かけしたらインパクトに残りやすい役者さんだとも言えるでしょう。

 

個人的には、「ワッシッヅ!」の言い方が、

毎回、ただ癖が強いだけじゃない所が良いなぁと思っていて。

例えば、猫なで声のような、語尾にハートが付いているかのような

甘〜い言い方の時もあれば、憎悪が乗り移っているかのような苦み走った言い方の時もあって、

時と場合で巧みに使い分けているから、余計に飄々とした人物に映るんですね。

で…声自体、年齢を重ねられたのもあって渋味があるし、強面な顔つきだから、

恫喝するシーンだと、いつもとギャップを感じさせて

ピリッと引き締まった空気になるのです。

“復讐相手"として、上手いキャスティングだと思います。

 

終盤の、倒れて搬送されながらの「ばぁか」も、

鷲津(草彅剛)と犬飼の本音のぶつかり合いのシーンも見応えは十分で、

もう逃れられない所まで来た…という亨の覚悟も伝わってきた回でした。

 

ただ、内容全体に関しては…やはり、前回と前々回で罠を仕掛けていく様を

連発させる展開になっていたので、

そのスリルを今回も求めてしまっていた部分もあったのかもしれませんが。

今回は、後輩2人が捜査する様子や、"謎の提示"が中心のミステリー寄りの話が続いていて、

途中まではあっさり気味だったかな?感は否めず。

まぁ、その反動で、一気に進展したラストには胸が躍ったんですけどね。

状況変化で新章を仄めかしていた辺り、

きっと、次回からまた物語が大きく動く事になるのでしょう。

 

敵にも見えるし、まだ味方説も捨てきれない鷹野(小澤征悦)の動向も目が離せませんが、

私としては、「弱い者は弱い者なりの戦い方をする」をモットーとしている亨が

もし出馬する事になったら、

牛尾(矢柴俊博)を救い上げる…なんて可能性もあるんじゃないかと期待してしまいますね。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ