罠の戦争 1話 感想|待ってました!今までの戦争シリーズよりウケが良さそう。

 

戦争シリーズと言われている「銭の戦争」と「嘘の戦争」は当時視聴済みですが…

内容はもうあんまり覚えておらず。

ただ、初回は確かどちらも、完膚なきまでに打ちのめされてから復讐を決意するという、

いわゆる"どん底から這い上がる"主人公の様子を描くのに重きを置いていた気がするので、

早速仲間と結託して、スッキリする展開を2回も盛り込んだのは意外でした。

テンポが速かったのもあって、暗くて残酷な内容が苦手で脱落してきた視聴者も

本作なら受け入れやすいんじゃないでしょうか。

 

亨(草彅剛)の命の恩人である犬飼(本田博太郎)。

「唯一手を差し伸べてくれた」と言っていたように、通常の復讐ドラマだったら、

当時挫折を経験していた亨が犬飼に指導されて、一人前の秘書になるまでの回想が

盛り込まれていたのかもしれませんが、本作は基本的に現在進行形で物語が進みます。

となると、説明台詞ばかりで情報過多になるか、

憎き相手の描写が弱くない?という可能性も出てきてはしまうのですが…

肝心の復讐動機が、犬飼の佇まいや言動からどことなく漂う"胡散臭さ"だけで

説得力が持てるようになっているのが凄いんですよね。

それは、本田博太郎さんの「ワシッヅ!」の言い方が一々癖が強くて、

頭に残りやすいのもありますが(笑)

亨が彼に恩義を感じている割には、パシリに使われたり、わがままに振り回されたりで、

犬飼にとってはむしろ、便利な道具としか思われていないような

違和感の連鎖で話を進めていったのが、

最後の、彼を恨む亨への共感に繋がったのだと思います。

 

あとは…やっぱり、草彅剛さんの演技を主演作で、

しかも民放局で久々に見られるって事が、何よりも嬉しいですかね。

タイトルにある"罠"だけに、

巧妙な手口で相手を罠に陥れる策士っぷりがしっくり来ていました。

「拾われた男」の感想でも言及したんですけど、

草彅さんって、登場人物に命を吹き込む役者さんだなぁ…と思っていて。

感情表現にしても、怒りや憎しみを吐き出すというよりかは

静かに昂る演技に長けている印象があるので、

犬飼から「事故という事にしておいてくれ」と言われたシーンを筆頭に、

台詞はないながらも、冷静さを装いつつも

怒りがふつふつと湧き上がっているのが伝わる演技には、

これぞ真骨頂!と、ワクワクしてしまいました。

スマートな人であればあるほど、感情を表に出さない。となると…

まだまだいろんな武器を持ってそうな気がするので、

今後どんな罠をしかけてくるのかも、見所の1つとなりそうですね。

 

また、亨のさり気ない恐ろしさを立たせるのに、

「君も、何かあるんだろ?犬飼大臣に」と亨に言われて、

見透かされたようで内心怯えている蛯沢(杉野遥亮)のカットを入れてきたのも印象的でした。

まさか、彼が何者なのかも知らずに協力を求める事もないでしょうから、

ここの関係性にも期待したいと思います。

 

最後に…変な言い方ではありますが、某長寿番組を日常的に見ていた私からしたら、

主題歌も相まって久々に「月曜10時」が帰ってきた!とも思えて、

そういう意味でも楽しめた初回でもありましたね。

とにかく、期待通りのスタートで安心しました。

 

↓次回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ