最愛 5話 感想|愛は時に人を惑わせる

 

f:id:rincoro_ht:20211022205029p:plain

ああ、もうどうしてくれようか…

切ない以外の感情が見当たらないんですけど…(泣)

優(高橋文哉)と方言で会話しているだけなのに、

澄んだ空と緑に包まれた故郷の風景を映しているだけなのに、

懐かしさと美しさで涙腺がやられる。

本来だったら、故郷を懐かしむ2人を見て微笑ましくなれるはずなんですけどね。

何度だって恨んでやりますよ…渡辺(朝井大智)の犯した行為を。

 

大輝(松下洸平)も彼に運命を狂わされた1人。

当時の事件がなければ、思い出話に浸って一瞬でも過去の関係に戻ろうが、

刑事である自分と重要参考人である梨央(吉高由里子)の関係性は崩れないという事実に

苦しみ続ける事はなかっただろうし、

“刑事になってしまった"自分を受け入れざるを得ない酷(こく)さを

味わいながら過ごす事もなかったのかもしれない。

大輝がその時どんな表情をしていたかを誤魔化すかのような

引きのカメラワークからの「向いてるよ」…

「朝宮優です」と報告した時の声の裏返り具合…

“最愛の人だから"反射的に桑田(佐久間由衣)の腕を引っ張っるんだけれども、

本当は梨央と優の所に駆けつけたくても"刑事だから"遠くで見る事しか出来ない現実…

刑事か、本来の自分か?

今の自分は何が出来て、何をしてやれば相手のためになるか?

そんな境界線で揺れ動く大輝の葛藤が、松下さんの表情から、目線から、演出から…

いろんな所から伝わってきて、いたたまれない気持ちになりながら見てしまってました。

 

それで考えて出た結論が、刑事として優を逮捕する事だったんでしょうね。

当時から大切に想っていた2人を、自分の手で引き離したくはない…

でも、優のためを思えば、この方法しかなかった。

優も優で、「逃げんって決めた」「姉ちゃん、ここまで一緒に来てくれてありがとう」と

梨央に真っ直ぐ伝える姿が印象に残りました。

今の優にとっての最愛は父・達雄(光石研)なのかもしれません。

相手を守るためについた優しい嘘は、時に惑わせ、時に傷つける…。

亡くなった父親のせいにはしたくなくて、真相を知った上で、

ちゃんと事件と向き合いたいという"決意"が伺えるシーンでした。

 

最終的には、大輝が刑事としての使命を果たした今回。

次回は加瀬(井浦新)がその役割を担う事になるのかなぁ。

ラストはとても頼もしいと思えたけれども、そのまま信じて良いのかどうか…?

 

 

 

 

↓前回の感想はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ