DIVER-特殊潜入班- 2話 感想|格付けチェックで相手を騙す

 

f:id:rincoro_ht:20200922232009p:plain

 

「ワールドグルメキャンプ」が世界中の名物を飲み食いして交流を図るサークルじゃなく、

ただ目の前に出される2つのパンや出汁を試食して検証するサークルだと分かった途端、

あれだけ人が集まるもんなんでしょうかねぇ。

しかも、流されない人なら「これ味一緒じゃない?」で終わるのに(笑)

それに、一緒についてきたエリ(山口真帆)が実は騙す側だったというのは

ハンバーガーを食べて監視するシーンで何となく理解出来たけれど、

彼女を始め、なぜリスクを負ってまで橘(山中崇)の計画に参加しようと思ったのか

動機もいまいちよく分からなかったし。

お金が欲しかったから、面白そうだったから…とか、そんな単純な理由で良いのかしら。

 

内容に関しても、前回では人物紹介や状況説明を兼ねた

ある種の複雑な演出で"潜入捜査"を見せて行った代わりに、

今回はかなりストレートな作りになっていた印象。

そりゃあ、山中さんの登場、子供の病気設定と来たら

どうなるのかは大体察しはついちゃう訳で…

そういう意味では、前回の方が先の読めないワクワク感は大きかったですかね。

 

あともう1つ気になるのは、伊達(安藤政信)と佐根村(野村周平)の描き分けかな。

「兵悟(福士蒼汰)と同じ味方側」「だけどいつも仲間割れしている」

の2つが似通っちゃっているような気がします。

相関図を見に行ったら、どちらもD班の所属なんですねぇ。

佐根村の「ある真相を追い求めている」という部分が徐々に明るみになれば、

どっちか1人でも良くない?と思う事はなくなるかもしれませんけども…。

 

 

↓次回の感想はこちら↓