DIVER-特殊潜入班- 1話 感想|福士蒼汰くんは恋愛じゃない方が活きるかも?

 

f:id:rincoro_ht:20200922232009p:plain

 

ファンの方には申し訳ないんですけど、

個人的に福士蒼汰さんの演技を「良い」って思った事がなくて。

でも、数々の恋愛モノを見てそう感じただけで、

恋愛要素が皆無の刑事モノとなるとどうなるのだろう…

そんな不安と期待が入り混じった状態での視聴となりましたが…

結果的にダークヒーローの方が向いているのではないか?という気がしました。

 

あの切れ長な目が活きてますよね。

いつもクールでスカしている佇まいでいる分、

目を見開いた時は相手を黙らせるような恐ろしさがあります。

「あんたみたいな悪こそ、俺の唯一の存在理由なんだ」

ここ、ゾクッと来るほど良い画だったなぁ…。

爽やかだけじゃない福士蒼汰を見せようっていう、カメラマンさんの力の入りようが

ひしひしと伝わって来るほどでした。

演技自体はちょっと青臭さは残っている感じがしますけど、

この主人公は全然アリ!いや、むしろ魅力的!ですね。

 

全5話という短さの割には、警察の中でのD班の立ち位置、警察との関係性といった

状況説明が有耶無耶で、最後に阿久津(りょう)がD班を立ち上げた理由を

伊達(安藤政信)に告げるまでは

「なぜ作られたのか?」が明確に見えてこない構成になっていたのは気になりましたが、

全体的に海外ドラマっぽい世界観(暗っぽい映像?D班という極秘設定がそうさせるのか?)

には惹かれるものがあるので、次回以降も見て行くつもりではいます。

 

チームメイトが軽めのキャラばかりである代わりに、

ゲストに重みを効かせてバランスをとる感じでしょうか。

珍しく悪党…でも、残酷さと卑劣さの中にほんの人情が見え隠れして、

海藤の"本性"はどちらなのか?などと探りたくなるような

杉本哲太さんが良かったです。

 

 

↓次回の感想はこちら↓