親バカ青春白書 2話 感想|実質「LIFE!」回。

 

f:id:rincoro_ht:20200802233811p:plain

 

前回よりも福田雄一さんの過去作品を思わせるコメディっぽさはありました。

…ただそれは、ムロツヨシさんとシソンヌじろうさんのクセの強い演技で

何とかそういう雰囲気を出しているだけであって、

脚本や設定自体も果たしてそういった作風に仕上がっているかといったら

首を縦には振れない感じなんですよねぇ。

…なんというか、話も主人公もベタ過ぎて、そこにあまり面白味はない。

 

「ホームコメディ」の「ホーム」の部分が

邪魔しているんじゃないかなぁと思います。

別にガタロー(ムロツヨシ)を良い事言うキャラにしなくても良いのにさ。

前回の感想で「他人を否定しない、ただただ娘と一緒にいたいキャラクターとして

落とし込まれていたので安心。」と書いた部分を少し訂正させていただいて…。

娘を渡さないためなら畠山(中川大志)に卑怯で姑息な手口を使って、

例えば、彼の服に糸を引っ掛けて彼女の目の前でパンツ一丁にして

「変態!」って言わせるとか、

いつものバッグとエロ本しか入っていないバッグを取り替えて

下心満々で女性に近づいているんだという印象を持たせるとか。←まぁベタいんだけどさw

主人公をずる賢く、けれどもどことなくニクめないように描いた方が、

福田作品としては楽しくなる気がするんですよね。

話自体はストーリー性がないに等しいですし、ないならないで

もっとコメディに振り切ってみても良い気がします。

 

今の作りでも緩く笑えると言えば笑えますけど、

30分×2話構成にした方が冗長感が薄まって

「ホームコメディ」らしい起承転結のメリハリの効いた作品になったかもしれませんね。

EDも含めて全体的に漂うほんわかした雰囲気は好きなので、

このまま見続ける予定ではいるんですが…

次回も今回のような内容だったら、感想は書かずに見るだけで良いかなぁと考えています。

 

 

8/17追記:

 

3話を見ました。

前回より主人公に破天荒さは感じられはしましたが…

それでもまだ物足りない。

「親バカ」の描写も、話のテンポも、全体的に緩いんですよねぇ。

 

今回なんて、永野芽郁さんに鬼滅の刃コスプレをやらせたり

「カーンチ!」って言わせたりしたかっただけ感満載。

大体、「ねるとん」なんて、今の若い子は分かるのかしら…?(汗)

↑私がまず分からなかったw

 

脚本を福田さんが担当していたら、「今日俺」の三橋みたいに

(演技関係なしに)もっとクセの強いキャラクターに出来たんじゃないかと

思わずにはいられません。

つまらなくはないので今後も見続ける予定ではいるんですが、

感想はまぁ書くほどでもないかなぁ…って感じです。

 

 

 

↓前回の感想はこちら↓