ゴールド! 感想|「老い」「衰え」は誰にでもやってくる

 

f:id:rincoro_ht:20200328114836p:plain

 

面白かったです。

「おじさんは頑固だから〜」という話を親からよく聞いていましたが、

歳をとり始めると、実際にこんな人が多くなるんだろうな…と妙に納得させられるお話でした。

 

暗闇の中、ケーキを買いに車を出そうとする柴田(藤竜也)の姿には最初、

もしかしたら、いつも付き添ってきた自分より孫の顔の方を覚えていた妻・冨美代(吉行和子

へのショックによる不注意で事故を起こして、初めて「衰え」を認めざるを得ない状況に

立たされる展開となるのか…?なんて思っていましたが。

あえてその"ドラマらしい"展開はやらず、自分にとって身近で年上の友人が事故を起こし、

帰りに運転しようとしたら、パニックでアクセルペダルとブレーキペダルを

踏み間違えてしまう事で気づかされる…という描写にした所にリアリティがありました。

 

序盤はまるで別ドラマかのような、悪者は絶対に見逃さない正義のヒーロー!といった

コミカルな流れから始める事で、視聴者の興味を惹かせつつ。

最終的には、高齢者運転と介護、社会的な題材が上手く絡められていた作品でした。

ラストは夫婦の若い頃のエピソードで、物語は綺麗に終わりはしましたが、

「過去にこだわり続ける事は災いをもたらす。」

「しかし、現実を見るのに辛くなったら、過去を思い出してみる事で救われる時がある。」

というメッセージにも感じられ、現実と架空の塩梅も効いていたように思います。

 

藤竜也さんの、空を見つめる時の哀愁漂わせる目線も印象的でした。

存在を初めて本作で知りましたが、無名の役者さんを使って再現VTRを見せるよりも、

今後は本作を教習所の高齢者講習で見せていった方が、

「藤さんもこんな歳とったんだな〜」とも実感させられて

他人事には思えなくなるんじゃないかな?という気がします。

 

 

↓前回の大賞の感想はこちら↓

 

 

SPドラマ

Posted by rinrin