夢食堂の料理人 感想|皆でフォローし合えばきっぱれる。

 

f:id:rincoro_ht:20190724015658p:plain

 

料理が鮮やかで、美味しそうに見えるドラマにハズレなし!

序盤は当時のオリンピックの料理担当が、どんな過程でチームを結成し

仕事をしてきたのかなど、若干ダイジェスト風な作りの印象を受けましたが。

最終的には、どのキャラも愛しいと感じられる、人の温かさがじんわり胸に響く

作品になっていたと思います。

 

また、「ダイジェスト風」とは書きましたが、三郎(高良健吾)・恵子(松本穂香)らの

オリンピック選手に直接関わる上での成長「みんなで支え合えば物事は上手く行く」を

メインに描き出しつつ。

それぞれのお国事情、郷土料理でも地域によって違いがあるという事、

男尊女卑の傾向にあった社会など、当時の時代・文化も物語に含ませてみせた

「学んで楽しく見られるドラマ」として昇華されていた1時間半でした。

 

当時と今とで如何に時代が進歩しているのか強く感じられたのは、

陸上選手・カディナが食べたいと言っていた、チャドの郷土料理「ダラバ」の件。

ダラバがどんな料理か想像出来なければ、そもそもチャドがどこにあるのかも分からない。

今を生きる私たちであれば、ネットで検索すればすぐ答えは出てくるけれど、

当時はネットもなく、人伝てで時間や労力を割く方法が主に使われていた…と。

これは、多くの視聴者が検索するという実体験もしましたし、

「当時の人々は如何に苦労したか」「当時の人々が築き上げて今がある有難み」を

伝えるには分かりやすく、最適のエピソードだったんではないでしょうか。

 

最初は三郎チーム4人の中で、1人異風を放っていた印象の山田(宮舘涼太)でしたが、

上京して東京に馴染むために頑張って来たんだに!と勢いよく方言を喋る姿には、

ああ…溶け込めて良かったなぁ…と思わず涙しました(笑)

みんな直向きに仕事を頑張る、良い子だったなぁ。

恵子ちゃんは素直に応援して行きたい。三郎くんの秋田弁は可愛らしかった。

しかしまぁ、高良さんに「田舎育ちの若者」役はドンピシャですね〜…

方言を喋る役のイメージが強いんですけど、何だろう?そんな役多かったっけかな?

 

SPドラマ

Posted by rinrin